歯科衛生士は、患者さんのお口の健康を守るサポーター

院長あいさつ

皆さんは、歯科衛生士がどんな仕事をしているのかご存知ですか?歯科医院で働いていることはわかっていても、仕事内容については意外と知られていないことが多いようです。そこで、歯科衛生士の仕事についてご紹介しましょう。

歯科衛生士をひとことで表現すると「患者さんのお口の健康を守るサポーター」です。歯科衛生法第1条によると「歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図る」ことを目的とし、歯科医師の指導のもと、歯科予防処置・歯科診療の補助・歯科保健指導を行っています。

業務は多岐にわたり、豊富な歯科知識と高度な技術が求められます。患者さんの歯の健康を預かる責任は重大ですが、患者さんとのコミュニケーションが深まればやりがいも大きくなると言えるでしょう。

歯科衛生士の需要は高く、毎年6,000名前後が新たに資格を取得しています。現在の資格保有者の総数は249,340名(平成26年3月末日現在・日本歯科衛生士会調べ)。そのうち実際に活躍している方は約10万人(平成24年・厚生労働省調べ)です。半数以上の人が現場に出ていないため、歯科医院では衛生士不足が続いています。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方
口臭測定やってます!1回500円(初回無料)
メールでのお問い合わせ