大切な歯を守る、できるだけ削らない、痛みの少ない虫歯治療

一般歯科(虫歯治療)

すり傷や打撲は時間が経てば治りますが、虫歯は放っておいても完治しません。悪くなった部分をしっかり取り除かなければ、どんどん悪化していきます。だからといって、完全に元の状態に戻るわけではありません。歯は削れば削るほど残っている歯質が少なくなり、やがては削る部分がなくなってしまいます。院長は、こうした歯科診療の現実に疑問を感じ、できるだけ歯を削らない、痛みの少ない治療を追求してきました。

歯をほとんど削らない「ドックベストセメント」やレーザーを使った痛くない治療、そしてお口全体を管理する予防処置など、大切な歯を残すためのベストな治療をご提案しています。歯を守りたいとお考えの方は、ぜひ当院までご相談ください。

当院の虫歯治療の3つの特長

【特長1】できるだけ歯を削らない治療虫歯治療の3つの特長
歯を削る量を最小限に抑えた、ドックベストセメントによる虫歯治療を行っています。ドックベストセメントは、薬で虫歯菌を死滅させる虫歯治療で、削る量を最小限に抑えながら虫歯を完治させる治療です。ほとんどの症例に適応でき、神経に近い部分に達している虫歯でも、神経を残したまま治療ができます。麻酔を使わずに治療できますので、痛みに弱い方でも治療中の不安がありません。

お子さんからご高齢の方まで、あらゆる方に適応できますので、歯を削る治療に疑問を感じている方は、ぜひ一度ご相談ください。

ドックベストセメントについてはコチラ

【特長2】痛みの少ない治療虫歯治療の3つの特長
治療中の痛みがあると、それがストレスとなって、患者さんを歯医者嫌いにさせてしまいます。当院では麻酔やレーザーを取り入れた、痛みの少ない治療に取り組んでいます。

麻酔をするときは患部にレーザーを当て、感覚を鈍らせてから注射をします。表面麻酔よりも効果的です。また、症状によっては表面麻酔を塗ったあとにレーザーをかけることもあります。表面麻酔とレーザーの相乗効果で、ほぼ無痛に近い治療が可能です。

抜歯をした患者さんからは「もう抜いたのですか?」「心配していたけど、全然痛くありませんでした」と、おっしゃっていただいています。

【特長3】患者さんの不安を取り除くカウンセリング虫歯治療の3つの特長
歯科医師は、常にベストな治療法を考えます。しかしその治療方法は、必ずしも患者さんのご要望どおりとは限りません。同じ虫歯の治療でも、痛みを取り除きたい方もいれば、しっかり噛めるようになりたい方、白い歯にしたい方など、色々な希望があります。

まずはカウンセリングでアシスタントがうかがいますので、ご要望を遠慮せずにお話しください。患者さんのご希望をていねいにうかがい、歯科医師に正確に報告いたします。もちろんすべてを取り入れることは難しいでしょうが、コミュニケーションを取りながら、できるだけご要望に沿った治療ができるように考えてまいります。

食生活と生活習慣を見直して虫歯を予防する

一般歯科(虫歯治療)食事のあと、お口の中では歯の表面を酸で溶かす「脱灰」が始まり、ある程度の時間が経つと元の状態に戻ります(再石灰化)。通常は脱灰と再石灰化を繰り返しながら歯の健康を保っていますが、汚れがたくさん残っていると再石灰化が追い付かなくなってしまいます。こうしてお口の中のバランスが崩れるために虫歯ができるのです。

間食の回数が多かったり、お菓子やジュースなどの甘い物をこまめに摂ったりすると、脱灰・再石灰化のバランスが崩れて虫歯ができやすくなります。まずは食生活や生活習慣を見直して、虫歯になりにくい環境を整えましょう。

<虫歯を予防する効果的な方法>
・定期的にPMTCを受けてバイオフィルムをしっかり取り除きましょう
・フッ素入りの歯磨き剤などを使って、酸に強い歯にしましょう
・キシリトールを摂取してだ液の分泌を促し、虫歯菌をコントロールしましょう

キシリトールを上手に使って虫歯を予防する

キシリトールキシリトールは、白樺から抽出した成分を主原料とする、虫歯予防効果の高い甘味料です。甘さは砂糖とほとんど変わりませんが、低カロリーで、摂取してもお口の中で酸を作りません。血糖値を抑える効果もあるので、糖尿病の方でも安心してお使いいただけます。

継続的にキシリトールを摂り続けると、虫歯菌の活動を抑え、虫歯予防効果が高まります。キシリトール配合のガムやタブレットなども市販されていますので、効果的に摂取するとよいでしょう。

なお、キシリトールの予防効果は、虫歯予防の先進国フィンランドやWHO(世界保健機構)などの研究で実証されています。安心してお使いください。

キシリトールの効果的な摂取方法
キシリトール配合のガムやタブレットは、1日3回以上、食事や間食の直後に摂取します。1日4~12gが目安ですが、大量に摂取するとお腹がゆるむこともありますのでご注意ください。

ガムは1回1粒以上を20分ぐらい噛みます。あごを発育させる反面、歯に負担をかけますので、ガムは高校生までがオススメです。以降はタブレットがよいでしょう。タブレットは1回2粒を、噛まずにお口の中でゆっくりと溶かしてください。

虫歯予防の基本は、歯磨きと正しい食生活です。フッ素入りの歯磨き剤でていねいに歯を磨き、脇役としてキシリトールを上手に取り入れながら虫歯を防ぎましょう。

<キシリトールの5つの効果>
1. 糖を分解・発酵しないので、歯を溶かす原因の酸を作らない
2. キシリトールが虫歯菌の活動をコントロールする
3. 噛むことにより唾液の分泌が促されて、口腔内の洗浄・殺菌作用が高まる
4. 歯の再石灰化を促し、歯が強くなる
5. 歯磨きをするときに汚れを落としやすくなる

虫歯の進行状況と治療方法

Co(初期う蝕、要観察歯)Co
歯が溶けて虫歯が始まっていますが、まだ穴があいたり黒くなったりしていない状態です。治療では、フッ素入りの歯磨き剤を使用してきちんと歯を磨くことで、歯を再石灰化させることができます。

C1(エナメル質のう蝕)C1
歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌によって溶かされて、小さな穴があいた状態です。まだ象牙質に達していませんので、この段階での痛みはありません。保険の治療では、歯を最小限削って保険適用の白い詰め物を入れます。

C2(象牙質のう蝕)C2
虫歯がエナメル質の下にある象牙質にまで達した状態で、冷たいものや甘いものがしみることがあります。また、触れると痛みを感じるので、治療をするときには麻酔が必要です。虫歯が小さい場合、保険適用の白い詰め物を入れれば治療が終わります。虫歯が歯の奥深くまで広がっているときは患部を大きく削り、詰め物を作って被せます。

C3(神経まで達したう蝕)C3
虫歯が歯の内側にあるエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達している状態です。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死すると細菌が根の外で炎症を起こし、膿や歯ぐきの腫れなどの症状が伴います。治療では、壊死した神経や膿を取り除く処置をするため、麻酔をして根管治療を行います。

C4(残根状態)C4
歯のほとんどがなくなり、根だけが残っている状態です。この段階になると治療が難しくなり、抜歯が必要となる場合もあります。治療ができる歯質が残っている場合は、根管治療で歯を保存します。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方
口臭測定やってます!1回500円(初回無料)
メールでのお問い合わせ