虫歯の進行状況と治療方法

Co(初期う蝕、要観察歯)Co
歯が溶けて虫歯が始まっていますが、まだ穴があいたり黒くなったりしていない状態です。治療では、フッ素入りの歯磨き剤を使用してきちんと歯を磨くことで、歯を再石灰化させることができます。

C1(エナメル質のう蝕)C1
歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌によって溶かされて、小さな穴があいた状態です。まだ象牙質に達していませんので、この段階での痛みはありません。保険の治療では、歯を最小限削って保険適用の白い詰め物を入れます。

C2(象牙質のう蝕)C2
虫歯がエナメル質の下にある象牙質にまで達した状態で、冷たいものや甘いものがしみることがあります。また、触れると痛みを感じるので、治療をするときには麻酔が必要です。虫歯が小さい場合、保険適用の白い詰め物を入れれば治療が終わります。虫歯が歯の奥深くまで広がっているときは患部を大きく削り、詰め物を作って被せます。

C3(神経まで達したう蝕)C3
虫歯が歯の内側にあるエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達している状態です。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死すると細菌が根の外で炎症を起こし、膿や歯ぐきの腫れなどの症状が伴います。治療では、壊死した神経や膿を取り除く処置をするため、麻酔をして根管治療を行います。

C4(残根状態)C4
歯のほとんどがなくなり、根だけが残っている状態です。この段階になると治療が難しくなり、抜歯が必要となる場合もあります。治療ができる歯質が残っている場合は、根管治療で歯を保存します。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方
口臭測定やってます!1回500円(初回無料)
メールでのお問い合わせ