キシリトールを上手に使って虫歯を予防する

キシリトールキシリトールは、白樺から抽出した成分を主原料とする、虫歯予防効果の高い甘味料です。甘さは砂糖とほとんど変わりませんが、低カロリーで、摂取してもお口の中で酸を作りません。血糖値を抑える効果もあるので、糖尿病の方でも安心してお使いいただけます。

継続的にキシリトールを摂り続けると、虫歯菌の活動を抑え、虫歯予防効果が高まります。キシリトール配合のガムやタブレットなども市販されていますので、効果的に摂取するとよいでしょう。

なお、キシリトールの予防効果は、虫歯予防の先進国フィンランドやWHO(世界保健機構)などの研究で実証されています。安心してお使いください。

キシリトールの効果的な摂取方法
キシリトール配合のガムやタブレットは、1日3回以上、食事や間食の直後に摂取します。1日4~12gが目安ですが、大量に摂取するとお腹がゆるむこともありますのでご注意ください。

ガムは1回1粒以上を20分ぐらい噛みます。あごを発育させる反面、歯に負担をかけますので、ガムは高校生までがオススメです。以降はタブレットがよいでしょう。タブレットは1回2粒を、噛まずにお口の中でゆっくりと溶かしてください。

虫歯予防の基本は、歯磨きと正しい食生活です。フッ素入りの歯磨き剤でていねいに歯を磨き、脇役としてキシリトールを上手に取り入れながら虫歯を防ぎましょう。

<キシリトールの5つの効果>
1. 糖を分解・発酵しないので、歯を溶かす原因の酸を作らない
2. キシリトールが虫歯菌の活動をコントロールする
3. 噛むことにより唾液の分泌が促されて、口腔内の洗浄・殺菌作用が高まる
4. 歯の再石灰化を促し、歯が強くなる
5. 歯磨きをするときに汚れを落としやすくなる

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方
口臭測定やってます!1回500円(初回無料)
メールでのお問い合わせ