中学時代の恩師が歯科医師のきっかけを与えてくれた

院長あいさつ父は会社員でしたので転勤が多く、私も小学生から中学生にかけては、何回となく転校をしていました。転校を嫌がるお子さんも多いようですが、私の場合はちょっと違っていて、これから始まる新しい学校での生活が楽しみで、いつもわくわくしていました。そんな少年時代を過ごしていたので、森町で生活することに何のためらいもなかったのかもしれません。

中学時代の私は、1人でこつこつと打ち込むタイプ。そんな私の性質をよく知る先生は「1人で取り組める職業に就いたらどうですか」とアドバイスしてくれました。結果的に歯科医師の道に進みましたが、先生の言葉がきっかけの1つになっていたと思います。

歯を削る治療から、歯を守る予防へ転換
私の目標は独立開院でしたので、1日も早く独り立ちしたいという思いが強く、勤務医時代には色々なことを学びました。勤務先では、できるだけ少ない回数で一気に歯を削って治す治療に取り組んでいました。当時はそれが当たり前の時代だったので、私もあまり抵抗感なく受け入れていたと思います。

ところが開業医となり、毎日のように患者さんの歯を削っていると、だんだん「こんな治療をしていていいのだろうか?」と疑問を感じるようになってきたのです。それからは、色々なセミナーや講習会に参加し、試行錯誤を繰り返しながらようやくたどり着いたのが、現在のケア・メインテナンスを重視した診療でした。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方
口臭測定やってます!1回500円(初回無料)
メールでのお問い合わせ