実はキケン? 入れ歯・ マウスピースの正しいお手入れ

皆さんこんにちは! 周智郡森町 仲町歯科医院院長の義永です。

気づけばもう11月。
寒気もいっそう強くなり、
暖房を使い始めた方も多いのではないでしょうか。

エアコンは暖房を使う前に、
お掃除やお手入れをしておくと、
快適な空調を楽しめるだけではなく、
節電にもなるそうです。

定期的なお手入れが大事な道具といえば、
『入れ歯』や『マウスピース』も同じ。

お口の機能を補助したり
保護したりするためにも大切な道具ですが、
お手入れを間違えると、かえってお口の環境や健康が
悪化するおそれがあります。

そこで今回は、入れ歯 マウスピースの
『間違ったお手入れ』 と 『正しいお手入れ
ご紹介します!

入れ歯やマウスピースの『間違ったお手入れ

入れ歯もマウスピースも、 共通して
やってはいけないこと」 がふたつあります。

ひとつは、
熱湯で消毒しようとすること。

入れ歯やマウスピースには
プラスチック素材が使われているため、
熱湯に触れると変形してしまいます。

しかも、変形した状態で無理に装着すると、
お口が傷ついたり、
本来の機能が失われたりするためで
注意が必要です。

そして、もうひとつの間違ったお手入れは
歯みがき粉で磨いてしまうこと。

歯みがき粉には
研磨剤」という成分が入っていることが多く、
その粒によって、入れ歯やマウスピースに
傷がついてしまうことがあります。

目に見えないような細かな傷でも、
細菌の温床となってしまうのです。

入れ歯の油汚れが気になる場合は、
『食器用の中性洗剤』 を薄めて使うと
きれいに落とすことができます。

正しいお手入れ方法①『お口から外して掃除」しよう!

通常の歯と同じく、 入れ歯にも
プラーク(歯垢) や歯石がつきます。

そのまま装着していると、
むし歯や歯周病になりやすくなるほか、
歯ぐきの炎症や口臭の原因、 さらには
誤えん性肺炎などの病気を引き起こすリスクが
高まってしまうのです。

そのため、食後はお口から外し、
水やぬるま湯で汚れをよく洗い流してしてください。

そして、必ず1日1回は専用のブラシなどを使い、
しっかり磨くようにしましょう!

マウスピースには、
歯ぎしりなどから歯を保護する 『ナイトガード』や、
スポーツ時に装着する 『マウスガード』など、
いくつか種類があります。

種類によっては
ブラシを使用しない方がいいものもありますので、
歯科で確認していただくのがおすすめです。

正しいお手入れ方法② 『洗浄液に浸けておく』

入れ歯を着けたままにしてしまうと、
高温多湿のお口の中では
何億という細菌が繁殖します。

そのため、入浴時等には必ず外して
専用の洗浄剤』を溶かした水に
浸けておきましょう。

もちろん、マウスピースも同様に、
使っていないときは洗浄剤を溶かした水に浸し、
清潔に保つようにしてください。

入れ歯もマウスピースも、 材質や種類によって
細かなお手入れ方法は異なります。
ご不安な方は、いつでも歯科医院でお尋ねください。

また、仲町歯科医院にお持ちいただければ、
常に最適な状態に調整・清掃することもできますので、
ぜひ定期的にご来院ください。

関連記事

  1. 定期的なPMTCの有無
営業時間 9:30~13:00
14:00~18:30
電話 0538-85-0888
休診日 月曜・日曜・祝日
所在地 〒437-0215
静岡県周智郡森町森334-1
アクセス 天竜浜名湖線「戸綿駅」徒歩10分
秋葉バス「遠州森町」下車徒歩2分
アクセス詳細

最近の記事

  1. 2024.05.16

    駐車場と井戸

アーカイブ

PAGE TOP