「お口の状態」で「認知症リスク」が変わる!

あけましておめでとうございます。
周智郡森町 仲町歯科医院院長の義永です。
今年のお正月、 皆さまは
どのように過ごされましたか?

ご家族やご友人と 「かるた」 や 「福笑い」などの
「お正月遊び」 を楽しんだ方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、これらの遊びは楽しみながら 「記憶力」 や
「空間把握能力」 などを鍛えることができるといいます。

大切な思い出を覚えておくためにも、
お正月遊びで記憶力を鍛えておくのもいいですね!

しかし、そんな大切な記憶も奪ってしまう
恐ろしい病気、 認知症。

主な原因は 「加齢」 ですが、 一見関係のなさそうな
「歯周病が原因となり得る」ことをご存じでしょうか?

「歯周病」が認知症リスクを高める!?

認知症の半数を占めるのは
『アルツハイマー型』と呼ばれる認知症です。

そして、その原因となるのが、
『アミロイドβ』と呼ばれるタンパク質です。

なんと、マウスの実験では
歯周病に侵されていると、
脳のアミロイドβが10倍も増えてしまう
ということがわかっています。

 

「歯の本数」 も認知症に影響が!

さらに、歯周病だけではなく、
「歯を失う」ことでも認知症のリスクが高まる
ことがわかっています。

ある研究では、歯の本数が少ない人は、
認知症のリスクが1.28 倍高くなる・・・
というデータがあるのです。

主な原因は、
歯の本数が少ない状態で食事をすることで、
噛む回数が減り、 脳に刺激がいかなくなること。

つまり、「しっかり噛むこと」は、
おいしい食事を楽しむだけではなく、
認知症を予防する効果も期待できるのです。

ちなみに、 「歯がすでに少ない・・・」
という方も、諦める必要はありません!

入れ歯などを使って噛めるようにすることで、
認知症の予防や改善に繋がった、
という報告もあります。

もし歯が抜けても放置せず、
しっかりと治療を受けましょう!

歯周病は 「メインテナンス」 が重要!

歯周病とは、歯を支える骨を溶かし、
いずれ歯が抜けてしまう病気です。

歯周病を放置すれば、
・アミロイドβの増加による認知症リスク
・歯の喪失による認知症リスク
この両方のリスクが高まることになります。

また、歯周病は 『脳出血』 や 『心臓病』、
糖尿病』などの全身疾患にも関わっており、
健康に長生きするためには、
「歯周病の治療と予防」が欠かせません。

単なる 「歯ぐきの腫れ」と悔らずに、
定期的に仲町歯科医院でメインテナンスをして
歯周病と認知症の予防に努めましょう!

関連記事

営業時間 9:30~13:00
14:00~18:30
電話 0538-85-0888
休診日 月曜・日曜・祝日
所在地 〒437-0215
静岡県周智郡森町森334-1
アクセス 天竜浜名湖線「戸綿駅」徒歩10分
秋葉バス「遠州森町」下車徒歩2分
アクセス詳細

最近の記事

  1. 仲町歯科2024年2月ブログ
  2. 仲町歯科2024年2月ブログ

    2024.02.16

    森町散歩

アーカイブ

PAGE TOP