無症状でも油断禁物!? レントゲンで発見される隠れた病気

こんにちは。院長の義永です。

2月16日は日本で初めて
天気図が作成された「天気図記念日」だそうです。

天気や気圧、風速などを
地図上に描いたものが天気図。
これによって初めて天候の流れを可視化できるように
なったといわれています。

ちなみに歯科診療における
可視化(見える化)といえば
「レントゲン検査」を欠かすことはできません。

歯科の病気の中には自覚症状がほとんどなく、
レントゲン検査で偶然発見される病気が
いくつか存在しています。

今回は、そうした病気の中から
代表的なものを3つ、ご紹介していきましょう。

◆レントゲンで見つかる病気や症状1  歯根吸収


歯根吸収

主に歯のケガや矯正治療が原因で、
歯の根っこ(歯根)が少しずつ
溶けて短くなる現象です。

しかも、一度溶けてしまった歯根は元に戻らず、
短くなりすぎると歯がグラグラしたり、
抜け落ちたりすることがあります。

初期の段階では症状がないため、
レントゲンを撮らなければ
なかなか発見に至りません。

◆レントゲンで見つかる病気や症状2  顎骨嚢胞(がっこつのうほう)

嚢胞(のうほう)とは
体の中に作られる袋状の病変で、
中でも「あごの骨」の中にできたものが
顎骨嚢胞(がっこつのうほう)です。

最初のうちは
痛みや腫れといった自覚症状がなく、
知らないまま放置されてしまうことも
しくありません。

放置された嚢胞は次第に大きくなり、
歯の位置がズレたり、
顔の形が変わったりする原因になります

レントゲンでは、こうした
自覚症状の乏しいお口の異常も、
いち早く気づくことができます。

◆レントゲンで見つかる病気や症状3  歯の位置や生え方などの異常

本来あるべき位置や向きに
歯が生えていない、あるいは
「歯の数が足りない」「多い」といった異常も、
レントゲンで偶然発見されることがあります。

中でも代表的なのが、
横向き・斜め向きに生えている「親知らず」です。

このような親知らずを放置すると、
歯ぐきの腫れ
痛みを繰り返すことも少なくありません。

また、「歯の数の異常」なども
レントゲンを撮らないと
なかなか気づくことができません。

放置すると、
大人になっても永久歯が生えてこなかったり、
歯並び「かみ合わせ
悪くなったりすることがあります。

◆レントゲン検査でむし歯・歯周病以外の病気もチェック!

歯科のレントゲン検査には
むし歯や歯周病の有無、
進行状況を知るだけではなく、
自覚症状のないお口の異常を
早期に発見できる

メリットがあります

病気に早く気づくことで
将来的なリスクに対応できるほか、
病状が悪化する前に
適切な治療を受けることが可能です

このようにレントゲンは
お口の状態を正確に調べる手段として
非常に効果的です

また、患者の皆さまも自身の状態を
より深く理解することができます

皆さまに安心して治療を受けていただけるよう
スタッフ一同取り組んでまいりますので、
ご不安なことがあれば
いつでもお気兼ねなくお声がけください。

関連記事

営業時間 9:30~13:00
14:00~18:30
電話 0538-85-0888
休診日 月曜・日曜・祝日
所在地 〒437-0215
静岡県周智郡森町森334-1
アクセス 天竜浜名湖線「戸綿駅」徒歩10分
秋葉バス「遠州森町」下車徒歩2分
アクセス詳細

最近の記事

  1. 仲町歯科2024年2月ブログ
  2. 仲町歯科2024年2月ブログ

    2024.02.16

    森町散歩

アーカイブ

PAGE TOP