離乳食の食べさせ方

離乳食の食べさせ方

こんにちは!歯科衛生士の T.S です。

4月になり新生活がスタートした方も多いのではないでしょうか。

私は昨年3月に出産した次男の慣らし保育が始まり、忙しくも充実した日々を送っています。

今回は私自身が赤ちゃんのお世話で気をつけた「離乳食の食べさせ方」をまとめてみました。

一般的には6ヶ月頃から離乳食開始が勧められています。最初からパクパク食べてくれる子、そうでない子様々です。

忙しくてつい急いで食べさせてしまう・食べないので無理矢理入れてしまうなど

避けてほしい食べさせ方がこちら

離乳食の悪い食べさせ方

唇が使われないとお口がポカンと開きやすくなり、口呼吸の原因となります。

口呼吸は虫歯や口臭、歯並びや姿勢の悪化、顔の変形、アレルギーやアトピーの悪化にも繋がると言われています。

コロナ禍の今、マスクが出来ない赤ちゃんは尚さら鼻呼吸で免疫力を高め、予防しておくことがより大切になります。

口呼吸の影響

そしてお勧めする食べさせ方がこちら

離乳食の良い食べさせ方

時間はかかりますが、自分から唇で食べ物を取りにくるまで待ってあげてください。

そしてスプーンの角度を変えずに少し引く程度で良いです。

長女の時は離乳食を全く食べず本当に苦労しました(T‐T)

個人差があるので、親子共に無理をせず楽しい食事時間になるといいですね。

関連記事

営業時間 9:30~13:00
14:00~18:30
電話 0538-85-0888
休診日 月曜・日曜・祝日
所在地 〒437-0215
静岡県周智郡森町森334-1
アクセス 天竜浜名湖線「戸綿駅」徒歩10分
秋葉バス「遠州森町」下車徒歩2分
アクセス詳細

最近の記事

  1. 離乳食の食べさせ方
  2. 2021.03.22

    歯の着色汚れ

アーカイブ

PAGE TOP