フーフーや食器の共有で、子どもがむし歯になってしまう?

こんにちは、仲町歯科医院、副院長の義永昌也です。

多くの人が、「フーフーと食事を冷まして与えると、子どもがむし歯になる」「むし歯予防のために、食器・食べ物・箸の共有をやめましょう」という話を聞いたことがあるかもしれません。「赤ちゃんの口腔内にはむし歯菌は居ないが、親の唾液からむし歯菌が定着してしまう」という考えのようです。

このことについて議論や研究がなされてきておりましたが、先日、日本口腔衛生学会から“乳幼児期における親との食器共有について”という発表がありました。
乳幼児期における親との食器共有について内容をざっくりまとめると

  • 食器の共有に気をつけることは、むし歯の予防に効果的ではない
  • 日々の親子のスキンシップで既に細菌は感染している
  • むし歯を防ぐためには↓
    ・砂糖の摂取を控える
    ・親が毎日仕上げ磨きをする
    ・フッ化物を有効に使う

とのことです。

(ただし、風邪や胃腸炎などに関わるさまざまな菌・ウイルスを感染しない/させないためには、可能な範囲で食器の共有を避けるのが無難かもしれません)

むし歯予防の観点から考えると、フーフーや食器の共有に対して過度に神経質になる必要はありません

食生活・歯磨き・フッ化物の使い方 これらが効果のある対策であり、低年齢児には食生活が特に重要ですので、そこに力を注ぎましょう。

フッ化物の使い方に関して →過去のブログ参照

食生活:おやつの取り方に関して
“おやつガイド” 参照(旧Twitter @sho_el先生 より引用)

乳幼児期における親との食器共有について →PDFリンク

関連記事

営業時間 9:30~13:00
14:00~18:30
電話 0538-85-0888
休診日 月曜・日曜・祝日
所在地 〒437-0215
静岡県周智郡森町森334-1
アクセス 天竜浜名湖線「戸綿駅」徒歩10分
秋葉バス「遠州森町」下車徒歩2分
アクセス詳細

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP